×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第一回公演
2007年3月4日(日)
街は囁いて

脚本:澤根孝浩  演出:山本絵理

【Story】
 とあるバーを訪れた高校教師の嶋田亜紀と娘のお見合いが失敗に終わり意気消沈して訪れた母娘。二組の客は互いに、過去に起こった悲しい出来事を打ち明け合う。亜紀は婚約していた同僚をある事件で亡くしていたのだった。
 マスターは言う。ここは「言えなかった言葉を胸に持つ人間の集まるバー」なのだと。そして亜紀の前に現れたのは……。
 劇団の原点ともいえる記念すべき旗揚げ公演。すべてが手探り状態、役者も半数以上が演劇未経験。素人の寄せ集めの劇団が、紆余曲折を経ながらも半年間の準備と稽古を重ね、その努力を大きく花咲かせた舞台でした。
 その後、劇団がどうなっていくのかは、このときには誰にも知る由もありませんでしたが、舞台は好評をいただき、毎年一回ずつの公演を重ねて現在に至っています。

これまでの公演のトップに戻る