×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うらばなし #15

「夢の化石」にヒーロー散見!

 第五回公演「夢の化石」は下田市をモデルにした”伊豆海市”の町おこしの物語であり、ご当地ヒーローの開国戦士イズミダー及び恐竜戦士イズミダーが登場する。実は、劇中内で、わかる人にはわかる、さまざまな特撮ヒーローネタがたくさん詰め込まれているので、それを紹介したい。

【ネーミング】
 イズミダーという名前は、特定のヒーローを元にしたものではないが、人造人間キカイダー、超人機メタルダー、宇宙刑事シャイダーなど、「ダー」の付くヒーローが多いので、いかにもヒーローというイメージで命名した。

【デザイン】
 物語冒頭に登場する開国戦士イズミダーにはとくにデザイン元はない。一方、クライマックスで登場する恐竜戦士イズミダーのマスクは、五星戦隊ダイレンジャーを基にしている。ダイレンジャーのマスクの額の部分にあるレリーフみないなものをトリケラトプスのデザインに変え、トリケラトプスをイメージした三本の角を付けている。

                      
                          デザイン元はダイレンジャー

【音楽】
 さまざまな場面で、次の番組の音楽を使用している。なお、ウルトラマンシリーズの音楽も多用しているが、これはヒーローが登場することとは関係なく、演出の前ちゃんの趣味なので割愛。

 ・星雲仮面マシンマン
 ・仮面ライダー電王
 ・恐竜戦隊ジュウレンジャー
 ・光戦隊マスクマン

 光戦隊マスクマンの歌では、小さな奇跡が起こっていた。劇中では歌詞は流れず冒頭部分を使うのみであったが、歌詞の中には「ああ君の体は地上に降りた神秘の泉だ」という箇所があり、この”泉だ〜”の発音が、まるっきりイズミダーと同じなのである。数ある特撮ヒーロー番組の中で、「泉だ」という歌詞を持つ番組はおそらくこの一つなので、何か運命的なものを感じる。

【ポーズ】
 イズミダーが登場する際にとる決めポーズは、仮面ライダーBRACK RXの変身ポーズに星雲仮面マシンマンの決めポーズを少しだけ足したものである。
 また、クライマックスシーンで使用した技”イズミダー・ドリーム・リバース”は、仮面ライダークウガの変身ポーズを意識している。

【台詞】
 イズミダーが登場するシーンに加え、他のシーンでも特撮ヒーローの有名な台詞のパロディが散りばめられている。

 ・「俺、見参!」            ⇒ 仮面ライダー電王(ソードフォーム)「俺、参上!」

 ・「さあ、お前の罪をカウントしろ」 ⇒ 仮面ライダーW「さあ、お前の罪を数えろ」

 ・「絶望がお前の終着駅だ」    ⇒ 仮面ライダーアクセル「絶望がお前のゴールだ」

 ・「これ、開けちゃうけどいいよね? 答えは聞いてない」
   ⇒ 仮面ライダー電王(ガンフォーム)「お前、倒しちゃうけどいいよね? 答えは聞いてない」

 ・「海が呼ぶ、山が呼ぶ、人が呼ぶ。伊豆海を守れと俺を呼ぶ。
               俺は平和の戦士、恐竜戦士イズミダー!」
   ⇒ 仮面ライダーストロンガー「天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ。悪を倒せと俺を呼ぶ。
                聞け、悪人ども! 俺は正義の戦士、仮面ライダーストロンガー!」

 ・「俺たちは、かーなーり真っ直ぐに生きてるな」
   ⇒ 仮面ライダーゼロノス(アルタイルフォーム)「俺は、かーなーり強い!」

                             うらばなしのトップに戻る